2015年02月17日

雪止め金具 考察

 

ある保健施設の雪止め工事をしました。昨年の大雪の時、下に止めてあった車の上に雪が落ちてしまい その防止の為の工事です。予算の関係もあり写真の様な最小予算で最大の効果をねらい敷設しました。

P1080051

ちょうど谷の先端部のところでの落下です。合わさる双方の屋根の雪が合流し押し出される格好で落下したものです。私の現場でも昨年は大きな被害が二件有りました。屋根の上に太陽光発電のパネルを載せた現場と大磯の現場でした。

P1080052

ただ この現場は余りにも大きく 広く 屋根の流れの長さもあって 果たして大丈夫か?の不安はぬぐえません。本来ならこの屋根の長さですと三列ほどの雪止めが必要でしょう。滑り始めたら雪止めを壊してでも流れて行きかねません。この辺は予算とのかねあいや 美観もあって難しいところです。

posted by yamada at 06:51| Comment(0) | 日記