2015年12月31日

今年も押し詰まりました。

低炭素住宅の建築が進んでいます。土間断熱工事や150ミリ壁断熱 300ミリの天井断熱。三層ガラスの窓サッシ。どれもが初めての試みでその性能が期待されます。加えて古材の再利用や 新感覚のデザイン 閉じるばかりではない採光計画や通風計画、こだわりの自然素材での仕上げ。ほぼ木工事が終わりましたので少しだけ公開いたします。

 

約90ミリの床断熱材を落とし込みながら床下地合板を貼っていきます。床を貫通する

すべての配線配管などの隙間をシールして気密を徹底します。

P1080614

 

外部左官下地のラス下地板斜め貼りです。

P1080617

 

外部貫通穴のシール状況です。気密を意識しますが当然雨水侵入もなくなります。

P1080623

 

サッシの形状も進化しました。ガラス建具の縦框が枠に隠れるようになって より外部熱が伝わり

にくくなりました。ちょっと見はわかりませんが、ガラスは3枚入っています。

P1080619

 

 

ウール断熱材の膨れ具合がわかりますか?最低でも150ミリは膨らみます。他の断熱材では

ありえない性能です。

P1080639

 

こんな風に断熱材が収まります。当然窓の隙間や細かな隙間はすべて充てんされます。

細かな作業ですが うちの大工さんは優秀です。

P1080633

古材を再利用した和室 押入れです。和室は壁や天井の収まりが複雑で無垢の板では隙間が

出来てしまうので気密シートを先貼りします。桁上の黄色いシートや押入れ板下のはみ出ている

のがそれ です。一般的に気密シートは仕上げ材のすぐ上に貼るものですが調湿性能の高いウール

断熱材なので全く問題はありません。

P1080634

断熱材と杉板天井が一体になっているのがわかるでしょう。

P1080645

壁に貼るすべてのプラスターボードは外壁側も間仕切り壁も桁まで貼りあげ気密を計ります。

桁にあけた電線穴はコンセント穴と通気してしまうのでそこもシールします。そこまで気を遣うのは

わが社の伝統です。

P1080644

壁や天井を隙間なくプラスターボードで貼ります。この作業が気密の性能を高めます。同時に

以後貼る杉板天井の防火にも役立ちます。

 

P1080661

廊下の板天井を貼りはじめました。

 

P1080663

 

今年の現場からの中継は以上です。今は忙しくお正月過ぎからは三島にも通います。でも

引き続き この住宅のレポートは完成まで継続するので こうご期待ください。

posted by yamada at 12:09| Comment(0) | 日記