2016年02月28日

速報 完成現場見学会のご案内

 

しばらくぶりの見学会です。予てよりトリプルガラスサッシを待ち望んでいました。今回ようやく希望に添える住宅の完成を見ました。

低炭素住宅として 一ランク上の断熱住宅です。壁厚150ミリ 天井300ミリの断熱材を使いました。UA値(熱の通し安さ)

が、0,4.等級4が0,87以下ですので数字上倍の通しにくさ と言えます。北海道仕様です。また夏の日射の入りやすさでは

、等級4では2.8以下ですが、ここでも1.1と倍の数字が出ています。そして1年間に使われるエネルギー量、75MJ,

金額で示すと¥228,490 月平均1.9万円。暖玲房から換気 照明 家電 給湯までもすべて含めてです。私個人では

実際もっと少ないお客様の家があるので この数字はもっと低いだろうと考えています。

 

1

 

P1080780

勾配天井の最」トップにある排気窓、夏の昼間の廃熱に効果的。夕方6時以降の今度は山風と言われる涼しい北側からの風を取り込むのに最適な窓です。また風のない時でも勾配天井は自然排熱しますし プロペラファンも効果的に使えます。

 

P1080792

これはルーバー雨戸。風を取り込みたいときに使います。防犯も兼ね締め切った状態でも使えます。表から見ると。

P1080793

P1080794

 

開閉できるルーバー雨戸。もっと採用してほしいですね。この家では引き窓すべてにつけて通風を図っています。

P1080790

 

このように深い軒やひさしを設けることにより夏の陽を避けます。箱になりがちな今風のデザインに古典的ではありますが、昔の知恵として一石を投じたいと思います。

 

P1080778

今 すべての窓ガラスにこのマークが貼られているの ご存知ですか?省エネマークで星が多いほど省エネ等級を示します。トリプルガラスなので当然最高等級です。ちなみにこのマークの横に見えにくいですがこのガラスの構成が書かれています。見学会に来たとき探してください。ちなみにトリプルガラス クリプトンガス

ローイーガラスとあります。LOW−Eと書きますが、金属粉をガラスに練り合わせ 熱戦を反射する仕組みとなって より断熱性能が高いのです。

 

P1080786

解体されたこの家の7寸の大黒柱です。曲がりを直し埋め木をして再利用です。和室の差し鴨井と一緒に加工し直して使いました。

 

P1080787

 

P1080784

居間入口の古建具です。横のは2千枚入るCDラックを作りました。

モダンな洗面脱衣室にも古建具です。とても似合っています。

6

 

和室の押入れの戸も再利用のものです。欅の差し鴨井が異常に向くってしまいました。戸が外れそう。

P1080776

 

 

客用のトイレの古建具です。かなり凝った作りでお客様が一目で気に入ったものです。手前の手洗いとのコントラストが良いですね。

4

 

引き出しのある古家具と食卓テーブルです。なら材を使った素朴ではあるけれどしっかりしたつくりの家具です。

8

 

 

古家具の上は現代つくりの収納箱です。

7

 

 

 

クラシックとモダンが入り混じった面白いダイニングキッチンだと思います。

9

 

個室には机があるだけです。個室側の床は松。LDKの床はなら材です。それぞれミツロウワックスとオスモフロアカラーを塗っています。

P1080779

 

P1080783

天井につりさげらえれたプロジェクターです。大型画面100インチだそうです。下の壁面に写し出そうとしています。

 

P1080788

どうでしょうか?手の込んだつくりと思います。全室漆喰仕上げ 壁天井にはPBボードで機密を取り天井はその上に杉板を重ね貼りして防火に対応しています。

素材感や雰囲気は見て触って感じないとわからないものなので ぜひご来場をお待ちいたしております。当日3月5日、6日お天気が良いといいのですが。

posted by yamada at 16:51| Comment(0) | 日記