2016年03月07日

完成現場見学会 御来場ありがとうございました。

しばらくぶりの見学会が終わりました。お伝えしきれなかったこと 多々あったので少し反省はあります。それでも好意的に受け取っていただいたので良かったかと 思っています。お客様に失礼な 間違ったことを言ってやしないか気を使いながらの営業トークなので終わってからドット疲れが出ました。現場で大工仕事をしていた方がよほど楽と思うのはお客様に失礼ですか?

私たちは現場がすべてだと考えているので現場での評価が一番気がかりです。今回は、初めて古建具や古家具を取り入れたデザイン 施工だったのです。また解体した旧家屋の大黒柱や梁 上がり框など再加工しての建築でした。プレカット(機械加工)が全盛の現在 手加工のできる工務店もなくなりつつあります。そんな工務店もまだ存在していることを好意的に受け止めてくれたのは、もっと嬉しい事でした。

それでは見学会に来れなかった方のために会場の様子を伝えたいと思います。

 

P1080807

まず 玄関入ったらお借りしている客様のおうちであることをご理解いただく案内から始まります。

 

P1080808

今回の家はLDKが広いのでキッズコナーを設けることが出来ました。実は娘のアイデアでした。

 

P1080809

手袋やアンケート 持ち帰り資料など受付コーナーです。

 

P1080810

 

P1080811

ダイニングキッチンや和室に目を向けてもらいます。たまたま季節でお客様から貸し出しのひな人形の飾りが展示していただけました。

P1080819

会場では観葉植物やお花をところどころに飾っています。華やかさや柔らかさを演出します。

P1080816

会場のあちこちに手つくり案内ポップを置きます。自分たちがこだわったもの、アピールしたいもの それらを簡潔にわかりやすく伝えたい 思いを書きました。

以下様々なポップや資料です。

 

P1080813P1080814P1080817P1080820P1080822P1080824P1080825P1080826P1080829P1080828P1080831P1080833P1080832P1080834

ぐるっと見まわしました。わかってもらえたでしょうか?出来るだけ自分たちのことを理解してもらえるよう工夫してきました。いろいろなことがまだまだですが、これからも改良に努め私たちの家つくりの思いを受け止めてもらえれば幸いです。

最後に今回の目玉、映画館になるプロジェクターを使った子供向けの映像が大変受けました。お客様、ありがとうございました。

 

P1080838

posted by yamada at 07:46| Comment(0) | 日記