2016年06月21日

墨付けも始まっています。

P1080968

 

 

P1080966

 

この現場の墨付け作業が始まっています。柱 土台はヒノキの乾燥材 梁は米松とヒノキの乾燥材です。

30年以上前とは変わり市場流通している材は寸法精度が良く乾燥も行き届いているので墨付けしやすいです。ミリ単位での作業が

出来ています。昔の米松丸太から引かれた材は、まだ生ッ木で家が仕上がるころには1センチも縮んでしまった現場もありました。

そんな時代から見ると隔世の感があります。

P1080967

ヒノキ4寸角の隅木です。化粧で見えるわけではないので節あり材です。墨付けをする若者には久しぶりの差し金 裏目使いの墨付けとなっています。

posted by yamada at 06:43| Comment(0) | 日記

2016年06月12日

設計事務所さんとのコラボ工事 始まりました。

 

3年ぶりになりますか、また新しい思いで臨む建物になります。4月からの競争入札での物件になります。最近では少し広めのお宅になります。床暖房設備や家具住器設備など快適性が期待できる建物になると思います。形にこだわるデザイナーさんではなく オーソドックスな空間構成で誰でも好ましく思える 使いがっての良い住宅です。私にとっては難しいおさまりのある建物ではありませんが、いつもそうですが、設計事務所さんとのコラボは緊張します。

P1080957

解体前のお客様の住宅です。築 30年ほどの建物です。写真にはありませんが、お隣のご実家の建物が、平屋ですが入母屋造りの大工技術が詰まった建築があります。聞けばこのお宅 私の大工技能試験を受けるとき 色々教えていただいた先生が工事したそうです。これも何かのご縁と感謝する次第です。これから約半年間 工事の次第をお届けしたいと思います。こうご期待。

posted by yamada at 06:35| Comment(0) | 日記