2016年12月04日

建設業者の倒産から身を守る

今、私のところで倒産してしまった業者が建築していた住宅の後を受け 完成させようとしている工事があります。幸い、お声をかけていただいたときには、自分のところの新築工事が一山超えていたのでお受けしました。また私と同じコンセプトを持った会社なので その内容を勉強させていただく良いチャンスとも思えました。今、年末に向かって急いでいる状況です。

 

さて、今回も というか、この小田原の地でいくつかの倒産を見てきました。今回も多くの被害者から見れば卑劣な計画倒産としか言いようのない状況だったことが少しずつ分かってきました。顧客から残金の回収を急いだこと、払って一週間後には弁護士事務所からの倒産通知書の到着、カモフラージュのための春の新規採用等、周到な準備がうかがえます。また それに加担していた銀行や法律事務所にも怒りを覚えます。業務の改善とか言うのだろうけれど ローンを組んで取り残された顧客、連鎖倒産してしまった業者、仕事したのに賃金をもらえない業者、社員もいるかもしれません。残された人たちの思いへの視点が全く欠けています。

小田原では、この手の倒産が過去 いくつかありました。建築だけを見れば 環(タマキ)建築、アプト、また富士建設などは、大きな社会問題ともなりました。擁護するわけではないのですが、我々建築業は今年、何十件手掛けようと来年はゼロ などということも考えられるのです。受注が多くなると人を増やします。しかし受注が減少しても人を辞めさせることはことはできません。固定費がかかり、それが会社を苦しくさせます。

 

私も労働者の端くれでもあるので、働いている人の気持ちはよくわかります。また顧客とのやり取りも最前線で行っているので お客様の動揺も理解し同情感もあります。考えても見なかった余分な出費の大きさに愕然とします。それでも完成させようと出来る方は良いほうかもしれません。

 

思うに、我々労働者からみて支払いが遅れだしたり手形になったりは、間違いなくイエローカードです。出来るだけ仕事を受けないしかありません。組合の中でも注意信号を発しています。基本は自分の身は自分で守るしかないのです。さてお客様から見てこんな業者を見分けるのはどうでしょうか?。たぶん かなり難しいのが実際でしょう。私たちの間では、危ないという情報はかなり前からありました。が、あくまでも情報なので 結果的にヤッパリ としか言いようがありません。

信用調査会社で調べる?大きなつぶれそうもない住宅メーカーに頼む?完成保証保険を掛ける?どれも一利あるでしょう。そこまで出来ない方にお勧めで絶対という方法は、支払い」契約書の書き方にあります。業者に少し不利ではありますが、出来高払いの契約をお勧めします。

具体的な方法として 2000万円の住宅で5回払いを想定してみましょう。前金、手付金とも言いますが、双方のこれから工事をしましょう との契約ですので ある一定の金額があってしかるべきですが、なくても良いのです。でも業者にとってはこの契約に至るまでかなりの労力を使っているのも確かですので その報酬と考えて50万円位が適当と考えます。金額は会社の規模やその内容にもよるので参考と考えてください。さて工事が始まりました。仮設工事や基礎工事 上棟が終わって屋根や外窓が現場に運び込まれます。ここまで出来ていたら約400万円支払いましょう。各職方の工事費や材料代 手間賃です。工程表で支払い時期を決めます。その後木工事が進んで3回目の支払い時期になりました。ここでは電気屋さん 水道屋さん 大工さんなどの手間賃と使う材料費でおよそ250万から300万です。その後各仕上げの職方が入ります。建具屋さん 左官屋さん ペンキ屋さん クロス屋さん あと住設機器等などがあり 400から500万ほどかかります。ここまで およそ1250万ほどです。半分少しですね。そして完成引き渡しの時に残金をお支払いすると良いと思います。できた分だけお支払いするという方法です。会社は業者への支払いは工事の当月か次の月に支払うのが多いので 先にお金が欲しいというのは理由があるからです。この金額には会社経費を計上していません。社員の給料を考えるとあと100万ほど上乗せしても良いでしょう。何度も言うようですが、出来高払いを希望してください。または完成してから払う というのもあるのですが、現実には出来上がるまで多くの人と物が動きますし ネット販売のように今では先入金でなければ購入できないことも多いのです。お客様と会社が同等に目的に向かっていくのが望ましいと考えています。足場が解体されて外回りの工事や照明器具 住機の取り付け 清掃で工事が終わります。契約時の最終金を支払います。このときやっと会社を維持できる費用を貰えるのです。不合理と考える会社さんもいるでしょうが、顧客の立場で考えると安心できる支払い方法と考えます。ご参考に。

posted by yamada at 12:13| Comment(0) | 日記