2018年08月14日

今年の社内旅行はマレーシアでした。

5月末にみんなで行ってきました。日程の短さ等で思ったほどに印象深い旅行になりませんでした。本当は2月に計画したかったのですが仕事が詰まっていてそれどころではありませんでした。私たち夫婦はエジプトでリフレッシュ出来ていたので今回は、社員の為が100%の旅行でした。

IMG_0671

IMG_0667

自転車を置いた壁画で有名です。

 

IMG_0676

 

IMG_0679

ペナン島で一泊しクアラルンプールに戻りプタラジャ、ペトロナスツインタワーを見て一泊、次の日にマラッカへ寄り 古いオランダ時代の遺構の散策の後 深夜便で日本に帰る、という強行軍でした。写真も撮りたい 絵 が見つからず あとで振り返ったら人の写真もなくて、何しに行ったのかな と反省しきりの旅行でした。社員はどうだったのかな?ホテル近くの日本食レストランで宴会をしたり現地ガイドと夜な夜な人生勉強に行ったりと彼らなりの楽しみ方は出来たでしょう。また、来年仕事が好況なら連れていきたいと思います。アジアのどこか。

posted by yamada at 19:24| Comment(0) | 日記

2018年08月13日

今年も上半期終わりました。

今年の上半期はバブル並みに忙しく おかげでブログどころではありませんでした?(言い訳)大型リフォームを昨12月から始め今現在も終わっていない状態です。その間、2月3月はピザ店と居酒屋の2店舗の新規開店工事と住宅2件の新築に携わっていました。これから鎌倉 腰越の住宅に取り掛かろうとしています。この住宅は設計事務所からの依頼で2年近く伸びてしまった案件でようやく着工にこぎつけた難産の住宅です。少し遠いのですが、海岸道路の整備により混んでなければ40分で行ける立地です。久しぶりに細かな作業状況をお伝えしたいと考えています。

さてそんな状況下、私たちは今年、エジプトとマレーシアを訪ねてみました。4月、5月の時期です。

IMG_0456

 

IMG_0478

 

ご存知 ギザにあるクフ王のピラミッド。今回の最大の見どころはアブシンベル神殿を訪ねること。

 

 

IMG_0515

 

 

IMG_0522

 

 

 

IMG_0519

 

 

 

IMG_0506

 

いまから3000年以上前、岩山をくりぬいて造られたラムセス2世の墓です。まだキリストや釈迦が出現する1000年以上前の神格化された王様の神殿です。そんな鉄器もなかったであろう大昔にこれだけのものを作り出せるパワーのすごさを思い知らされました。アスワンハイダムに埋もれてしまうことを防ぐ壮大な移設工事で現在の地に世界遺産1号となった遺跡です。これが見たかった。感激です。この神殿はエジプト南部スーダンの国境近くに位置しナセル湖のほとりにあります。砂漠の中を半日バスに揺られたどり着く遠隔の場所でした。そこから戻り ナイル川を下り クルージングしながら各古代遺跡を巡っていきます。

 

 

IMG_0558

 

 

 

 

 

IMG_0565

 

 

 

IMG_0582

 

 

IMG_0598

 

 

 

IMG_0602

 

 

 

 

IMG_0585

 

コムオンボ神殿、ホルス神殿、何年か前に銃撃テロがあったハトシェプスト葬祭殿、ルクソールでは、王家の谷を訪ね ツタンカーメン王の墓やカルナック神殿、ルクソール神殿を見学、それぞれがナイル川沿いにありクルーズしながらの観光は思い出深い旅となりました。ヨーロッパで一緒になる日本人旅行者も以前、エジプト観光の良さを話していましたが、私にとってももう一度行きたい場所になりました。

 

 

 

IMG_0606

 

石造のオベリスク、重さ約一トンと言われエジプトでは40数本作られたと言われていますが、ヨーロッパ諸国に奪われて今は半数位しか残っていません。。しかし、どうやって刻み 運び ナイル川に浮かべたのか?想像するだけでも感嘆ものです。古代エジプト人の知恵と労力の計りせれないすごさに圧倒されます。3000年以上前ですよ。

 

IMG_0545

我々も時々木と木をつなぐ楔状のチギリがここで使われていたとは、文明の発祥の地はここ、エジプトにあったことを痛感させられた事実でした。

IMG_0614

ギザにあるホテルからのぞむクフ王と息子カフラー王のピラミッド、これだけのものがそれぞれ2,30年で作られていることにも驚きでした。

 

IMG_0532

クルーズ船、ブルーシャドーです。印象的だった旅を思わせていたのはこのクルーズだったことは間違いないと思います。
posted by yamada at 18:11| Comment(0) | 日記