2014年11月15日

削ろう会 終わりました。

 

P1070845

前日とはうってかわり駐車場も満席になるほどの盛況ぶりでした。600人以上の削り手たちが集まった盛大なショーでは 有ります。前日に続き チェーンソーアートや大カンナ削りも披露され会場を盛り上げていました。ちなみに大カンナは秦野の大工さん 谷さんです。面識は有りませんが以前の大会でも優勝するほどの名人です。

P1070852

 

P1070847

さて今回の優勝者、残念ながら所用で3人のパフォーマンスを見て退場しましたが、愛知県の若者が優勝したそうです。予選会も3から4マイクロメーターを出して注目されましたが、その若さでたいしたのもです。廻りのサポート人も良かったんだろうと推測します。こんな子たちが正当な評価と対価が得られれば良いのですが、現実はなかなか。

P1070857

決勝の5人にルールを説明しているところです。同じ材を皆が削りあい 自分が良し とした時点で計ります。皆若い方でうらやましくも思いました。優勝するには平常心で削れるかがカギだそうです。

木材を削る 大工の技量を極限まで極める事の意義は確かに有ろうかと思います。ここで得た自信を現場の中で生かすも殺すもこれからです。飛躍を願って応援したいです。また小田原の材木を通して様々な活性化につながるような環境になればと思う二日間でした。

posted by yamada at 07:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。