2015年07月10日

40度越えのアンダルシア地方

 

朝は20度ほどでとても清々しく、これで日中40度を超えるのか?と思う程でした。そんな緑いっぱいの中を歩いてゆくと13,4世紀の古建築が少しずつ見えて来ます。アルハンブラ宮殿の城壁です。スペイン最後のイスラム王朝のあったナスル王国の宮殿、ヘネラリフェ庭園 見所満載でした。

P1080326

 

 

P1080330

 

 

P1080338

 

P1080344

 

P1080351

 

P1080358

 

P1080363

 

P1080361

数百メーターの高地にあって冬は雪も降る場所で王様は避暑地として使っていたようです。上の写真は宮殿から見えるアルバイシン地区で当時の旧市街です。さてこれから南下してマラガ ミハスなどの街のあるコスタデソル 太陽の海岸といわれるバカンス地へと向かいました。

マラガの海岸レストランでイカスミ煮の昼食をとりました。もうここでは40度を超える暑さですが木陰は涼しいうらやましい乾燥した地域です。女の人は大変ですね。ここマラガはピカソの生まれたところでも有ります。

 

P1080377

ミハス。白壁のそろった美しい街です。展望台からはアフリカが見える時があるそうです。地中海をはさんで向かいはモロッコ。

 

P1080376

 

P1080379

暑さよけのために家々を白く塗って居ます。雨が少ない地域でいかにもスペイン という感じの地方都市です。

ここからまた移動して今夜はセビーリャ セビリアとも日本では呼んでますね。セビリアの理髪師などの音楽があります。移動が長い。

 

P1080384

 

P1080385

ご存じフラメンコ。やはり生はとても迫力が有ります。連打されるカスタネット、響き渡るタップダンスの靴の音、ジプシー発祥の音楽と踊りは特に女性の表情に深い怨みの想いが伝わって来るようで引き込まれてしまいました。観光用のものとはいえプロのダンサーの踊りを堪能しました。

posted by yamada at 19:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。