2016年10月30日

初めての非破壊検査

久しぶりのブログ投稿です。何も発表しないのは順調に仕事が行っているときかな?なんてのは言い訳ですが確かに忙しい。この10月も もう終わりなんですが、週日も含め個人的な休みがまったくありませんでした。その代りですが、11月は避けられないお休みが多く(約束してしまった)どう乗り切るか不安です。お店の工事や リフォーム工事、様々な問い合わせへの対応、もちろん大工さんもしっかりやっていますよ。

順調なのは贅沢とも言えますね。 さて夏に建前した現場も大工工事がようやく目鼻がついてきました。お客様から お茶にいただいたスイカが栗になり 今はミカンを出していただいてます。現場が長いと季節の変わりようを実感します。お客様には毎日ありがとう ですね。

そんな中 それでも私は次の現場を段取りしなければなりません。一昨年よりかかわっていただいた藤沢の現場が動き出します。開発がらみの時間のかかる作業でした。また親子同居を希望する建物の改築 増築工事の下調べも進み今回 初めてタイトル通りの非破壊検査をしました。図面や資料のない現場で 零からすべて調べださないといけない現場です。致命的なのは確認申請の書類がないことです。

そんな理由で 私たちも縁の下や 屋根裏にも潜りました。わかることと見られない所があるので 今回初めてエックス線などの機器を使った基礎構造調査や 筋交い金物の状態を調べました。また後日その結果がわかるので時間があれば出したいと思います。

とりあえず 簡単に報告いたしますが、出てくる映像がこちらの希望するような状態の 絵 ではないことでした。当然住宅にはキッチンや浴室など室内には様々な器機があり ただ造影すればすべて見られるというものではなかったことです。エックス線を照射するとき映したい物の反対側に遮蔽版でサンドイッチしたものしか写せない ということがわかり、たぶん 現場がわからない人には何が映っているのか見当もつかないでしょうね。

 

P1090174P1090169

エックス線の投射機とコンクリート内部の鉄筋を測る磁気機械です。下の写真のような鉄筋の存在をテーピングしていきます。

 

P1090171

posted by yamada at 08:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。