2019年03月24日

鎌倉腰越の家

昨年秋からの住宅が完成しました。岸設計事務所さんのデザインで2年越しにわたっての設計を経て完成した住宅です。

IMG_1238

外部がマリンブルーのガルスパンとミルキーホワイトのリシン書き落としの仕上げです。屋根には岸設計おなじみのカーブを描いた曲線で仕上げています。

IMG_1243

既存家屋に使われていた大黒柱の再利用や大工さん手造りのキッチン家具が見えます。

IMG_1254

 

2世帯住宅の2階LDKです。天井埋め込みのスピーカーやプロジェクターがありさながらオーデイオ映画館 さながらです。

 

IMG_1249

 

3か所あるトイレの一つです。この家の壁はすべて漆喰仕上げ、トイレは漆喰に杉の腰板貼で統一されています。天井はすべてPBボード(不燃化)下貼りの上に杉板を貼りました。床は赤松の無地板に呼吸できるガラス塗装で仕上げてあります。

 

IMG_1241

 

木製デッキです。床板はほとんど雨が掛からないためキシラデコール塗のみですが柱や柵はガラス塗装で防腐を図っています。

 

IMG_1247

 

地元、小田原ならば現場見学会を行いたいところですが、昨年は現場が平塚等 近場でないので行えませんでした。とても残念です。

制震金物やセルロース断熱材等新しい試みをアピールしようと考えていました。

posted by yamada at 12:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。