2012年02月28日

建物外壁の耐力

今日もまた現在進行形の木組の舎 モデルの取材です。市内別堀に建つ2世帯

仕様の住宅です。この家での私達の 売り は、合板を極力使わないこと、という

テーマです。築30年を越える家に住まわれている方のほとんどは、承知している

と思いますが、合板のフロアが床下からの湿気でブワブワになってしまっている、

という合板の宿命を ここのお客様も良く存じていて合板禁止令を出されて居るのです。

 

外壁の耐力合板も同じ扱いで この家では、檜のラス下材を斜め打ちして合板以上の

耐力と自然素材のもつ 長期耐久性で超長期使用に答えています。

P1050292

 

P1050305

N値計算された 筋交いの他に1階のみ斜め貼りをしています。見るからに

丈夫でしょ?長く多くの事を経験してきた棟梁の強い信念であり 技 とも

言える秘技?では有ります。次は床について述べましょう。

 

 

 

 

posted by yamada at 06:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。